Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

非日常を終えて - 感想 - ウィッチクラフトワークス(7巻)

前巻の巻末作者コメントにありましたが、本巻からはまた日常コメディの雰囲気に戻ります。実にほのぼの。

ウィッチクラフトワークス(6巻) - Blogging in A Dampish Dark Place

この作品に関しては、初めから、とらえどころがないな〜という印象を持っているのですが、雰囲気を楽しむ作品なのかもしれないです。