読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

義体の物語 - 感想 - 紅殻のパンドラ(4巻)

マンガ

consumerです。

間が空きましたが第4巻まで来ました。

ストーリーは少しずつ広がりを見せています。

人工島(曰くがありそう)を舞台に巨大な多脚式採掘機(それ以外の機能がありそう)プエルをめぐる物語になりそうです。天才科学者、ハッカー、軍人、超高性能アンドロイドに(この世界ではまだ珍しい)全身義体化された主人公と登場人物も揃ってきましたし、いよいよお話の骨格が見えてきた感があります。

コメディ要素については好き嫌いが別れるかもしれませんが、明るい雰囲気は個人的には悪くないように思います。

それにしても、「攻殻機動隊的世界」の応用性の高さったらないですね。士郎正宗の大発明だと思います。

広告を非表示にする