Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

はじける熱 - 感想 - 鉄風(6巻)

鉄風(6) (アフタヌーンKC)

鉄風(6) (アフタヌーンKC)

第一話から描かれた因縁の対決、夏央vs早苗が始まります。くすぶった熱がついに弾ける・・・と思いきや意外な展開。いや意外に思ったのは私だけかもしれませんが。

以下、少々ネタバレ。

何が意外かというと、夏央も早苗も闘いの後にすっきりしていないんですよね。激しい闘いの末にお互い力を出し尽くす、という決着じゃない。勝負に徹さなかったために敗れた早苗と、無意識?で繰り出したカウンターで勝負を決めた夏央。夏央にしてみればボコボコにされた方が、まだ苛つきは解消されていたでしょう。

少年漫画的な格闘劇と思っていたら、ここでも主人公の内面がフックとして効いています。いい塩梅ですね。主人公・夏央の苛つきは今後どのような展開を迎えるのでしょうか。

続きが楽しみです。

広告を非表示にする