読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

明るいSF - 感想 - 紅殻のパンドラ(3巻)

consumer Aです。

前巻から約1年あきました。が、続きが気になり忘れず読んだのでエントリ。

紅殻のパンドラ(1〜2巻) - Blogging in A Dampish Dark Place

本巻でもSF要素と明るいノリは維持されつつ、物語に大きな展開はありません。とは言っても作品の世界観を掘り下げる描写はきちんと織り込まれていて、伏線らしきものも散見されます。

原案でどれだけストーリーを決めているかが気になりますね。ブエルの争奪戦を軸にした物語としてコンパクトにまとまるのか、どんどん話が膨らんでいくのか。

引き続き追っていきたいと思います。

広告を非表示にする