Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

意外な味方 - 感想 - ジョジョリオン(7巻)

前巻は謎だらけの展開でしたが、この巻でもまだまだ迷宮は続きます。

主人公・定助は記憶がなく寄る辺が無い訳ですが、その座りの悪さがジリジリと効いてきます。

戦いの時の方が不安が少ないと思うのは私だけですかね?

定助の唯一の味方といってもいい康穂も、あまり頼る先がないようですし。

そうそう、味方と言えばちょっと意外な展開が。

なんと定助にもう一人の味方が現れます。

とはいえ、本当に味方なのか?という疑問符は外れないのですが。

定助も信じきれてないようですしね。

果たしてこのコンビはどうなってしまうのか?

まだまだ目が離せません。

広告を非表示にする