読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

未来をつくる - 感想 - ヴィンランド・サガ(14巻)

マンガ

前巻でついに前向きな姿勢を見せ始めたトルフィン、本巻ではいよいよ本腰を入れ始めます。

以下、ネタバレ。


この巻は物語の重要なターニングポイントですね。トルフィンがついに物語の舵取り役となります。

まずは、クヌートとの再会。そこで交わされる対話は、本作のテーマを象徴しています。

楽園のために戦争をするという矛盾した大事業を、自覚しながらも推し進めるクヌート。

安息のためにはあっさり逃げることを選ぶと宣言するトルフィン。

かつての戦闘マシーンと弱腰王子の面影はありません。

しかし、これまでの両者の歩みを見てきた読者にとっては、その変化も決して不思議なものではありません。

2人を結びつけたアシェラッドという人物の重要度も増すというものです。

そして、故郷への帰還。

ここにきてユルヴァが登場するとは思いませんでした。

あっさりと、ややコミカルに再会が描かれますが、ここまでの長い長い道のりを考えると実に感慨深い展開です。

安息の地ヴィンランドを目指すトルフィンは今度は何と出会うのでしょうか。

続きが楽しみです。

広告を非表示にする