読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

異質とは - 感想 - 東京喰種(11巻)

東京喰種トーキョーグール 11 (ヤングジャンプコミックス)

東京喰種トーキョーグール 11 (ヤングジャンプコミックス)

序盤ではグロテスクさが強調されていたように思いましたが、段々アクション色が強くなってきましたね。


喰種も人間(主にCCG)も、これでもかといくらい特徴的なキャラクターが登場するので、何が「異質」なのか分かりにくくなっているような気もちょっとします。

あるいはこちらが慣れてきただけなのか。

もっとも、主人公が喰種として変質を続けているので、グロテスクさは無くなっていないと見ることもできるでしょう。

スプラッターになり過ぎないようにバランスを取っているのかもしれません)

そして、物語もまだまだ終わりが見えません。

喰種と人間、喰種と喰種、争いはなくなるどころか深刻化しています。

キーマン・嘉納の動向も気になりますね。

まだまだ続きが気になります。

広告を非表示にする