読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

ネットで拾った話への雑感(2014/4/19) - 買収合戦、みおふぉん、スマホの盗難対策、Ara、Heartbleed

Googleが無人航空機メーカーを買収

このタイタン・エアロスペースという会社、以前にも取り上げましたが、その時はFacebookが買収するかも?というニュースだったんですよね。FacebookGoogleの間に駆け引きがあったことが伺えます。Googleはインターネットユーザが増えるほど収益が上がる仕組みですから、理にかなった仕掛けといえるでしょう。将来に向けて積極的に投資する姿勢が同社らしいですね。

Googleが無人航空機メーカーのTitan Aerospaceを買収したことがこのほど明らかになった。Titan Aerospaceのウェブサイト上でGoogleによる買収について発表している。買収額は明らかにされていない。

米Google、無人飛行機メーカーのTitan Aerospaceを買収 | マイナビニュース

音声通話機能付き格安SIMカードMNP開始

1台目を狙う格安SIMの「みおふぉん」がついにMNP転入に対応しました。通常の格安SIMと異なり、音声通話機能が付いているのが魅力的です。どれだけユーザ数を伸ばすか、注目ですね。

MNVOということで端末はなく、ドコモ端末やSIMフリー端末の利用が前提となります。ドコモの新料金プランでは音声通話定額も話題でしたが、従来の契約を引き継がない限り、月額維持費が高額化する点もまた話題になっていました。この機会に料金プラン見直しの気運が高まり、みおふぉんやほかのMNVO事業者へのMNP転出が発生するのでしょうか? それとも大多数が従来の料金プランを維持するのでしょうか?

IIJがMVNOとして提供する「みおふぉん」、4月17日よりMNP転入が可能に | スラッシュドット・ジャパン モバイル

スマホの盗難対策

スマートフォンには重要な情報が詰まっていますから、こういうツールには一定の需要があるでしょう。(逆に悪用される危険性がある、という反論もあるようです。)大手メーカー・大手キャリアが参加するということは、日本のユーザにも影響があるでしょう。果たして普及するのでしょうか。

CTIAが定義する盗難対策ツールとは「盗難されたスマートフォンの購入後に追加された電話帳・写真・メールなどの個人情報をリモートで消去できる」「通報や緊急電話が必要な状況時を除いて、スマートフォンをロックしパスワード入力なしでは動作不能にする」「所有者の許可なしにスマートフォンの再使用をできなくする」「スマートフォンの所有者が盗難された端末を取り戻した場合、所有者がクラウドなどから個人情報を復元できるようにする」という4つを含んだ機能やソフトウェアになります。

Apple・Samsung・Google・Microsoftなどがスマホ盗難対策ツールの標準搭載に同意 - GIGAZINE

Project Ara

前回取り上げた時は「まだコンセプトマシンっぽい」というようなことを書いてしましましたが、来年初頭にも発売される予定だそうです。やはり、製造コストは抑えられるようです。記事になるように、移り変わりの早いモバイル端末の製品サイクルが変わるかもしれませんね。注目です。

これは、「エンドー」と名付けられたフレームの中にユーザーが自分の欲しい部品をセットし、好みのスマホを作り上げる仕組みだ。サイズは3種類の見込み。第1弾は来年初頭に発売の予定している。販売価格は明らかになっていないが、グーグルによれば、製造コストは機種によって50~500ドル(約5000~5万円)になる見通し。

CNN.co.jp : 米グーグルのモジュール式端末、来年発売へ

Hearbleedの危険性

情報を盗まれる可能性があるのはサーバだけではない、ということが解説されています。パッチを当てる以外にこれといった対策を取りづらいのが悩ましいですね。まだまだ目を離せない問題といえるでしょう。

 このためシマンテックでは、(1)不明なドメインにはアクセスしない、(2)パッチが適用されていないプロキシサービスは使用しない、(3)自分が利用しているソフトウエアのパッチが公開されたらすぐに適用する、(4)公共のネットワークでは、脆弱ではないことが確認されているVPNクライアントやサービスを使用する、といったことを推奨している。

ニュース - OpenSSLの「心臓出血」はクライアントにも影響、サーバーに情報を盗まれる:ITpro