読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

ネットで拾った話への雑感(2014/4/10) - SanFrancisco、Pinterest、旅行者へのSIM配布、爆速充電技術、ニフティ売却

サンフランシスコが家賃高騰

サンフランシスコと言えばシリコンバレーですが、多数の企業が集まれば街が活性化!!というほど簡単な話ではないようです。確かに愛着を持ってずっと暮らしてきた人々にとっては、黙っていられない問題でしょう。解決策はあるのでしょうか。

サンフランシスコでは、ハイテク企業に勤める高給取りの従業員が急増したせいで、家賃が高騰して昔からの住民が住み続けられなくなり、独特の雰囲気が失われたと不満を訴える声が強まっていた。

CNN.co.jp : 米グーグルに住民反感、起業支援やり玉に サンフランシスコ - (1/2)

「ヴィジュアル・ディスカバリー

私自身はPinterestユーザではないのですが、「ヴィジュアル・ディスカバリー」は分かりやすい表現ですね。尾原和啓氏の言うところのハイ・コンテキストなコミュニケーションであるPinterestの性質を端的に表現しているように感じられます。日本市場で受け入れられるというのもハイ・コンテキスト故なのでしょうか。

 シルバーマン氏は日本での成長について「日本市場はまだ初期段階だが、コミュニティは確実に成長している。モバイルの活用が活発な日本のユーザーがPinterestでどのような利用シーンを生み出してくれるのか楽しみだ」とコメント。「日本は、写真を収集・整理することで自分だけの答えを探し出す“ビジュアル・ディスカバリー”の価値に理解がある国。日本のユーザーは写真が多くの情報を持つということを理解している」と、Pinterestが提供するサービス価値との親和性の高さを強調し、今後の成長に期待を寄せた。

米Pinterest創業者「日本人は親和性が高い」--ユーザー数が1.5倍に - CNET Japan

お一人様へのSIM提供

これは興味深い計画ですね。通信手段が確保されているというのは、行政にとっても旅行者にとってもメリットがあるでしょう。いっそ端末を貸し出すところまで行くのもありなように思いますが、それは難しいんでしょうかね?

1人でネパールを訪問している登山客に対して、ネパール政府の無料でSIMカードを配布する取組みは興味深い。日本人の多くは旅行に行く時に日本で利用している携帯電話、スマートフォンを持っていき、それを現地で利用していることが多い。ほとんどの国で海外ローミングが可能であるから、日本の携帯電話、番号をそのまま利用できることが多い。海外ローミングをしているから通信料金は日本で利用するよりも割高になってしまう。

ネパールで登山客向けに無料でSIMカード提供 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

爆速充電技術

これは画期的な技術ではないでしょうか。商品化されればユーザ・エクスペリエンスが激変するでしょう。しかも現時点で既に「タバコ箱」大の大きさだそうで、実用化される日も近そうです。楽しみですね。

イスラエルに拠点を置く新興企業StoreDotは、スマートフォンを短時間で充電する技術の開発に取り組んでおり、このたびスマートフォンを30秒でフル充電できる技術の開発に成功したとCNNが報じています。

【爆速】速いッ速すぎるッ!将来的にスマホのフル充電が30秒以下になるかも | iPhoneひとすじ! かみあぷ速報

富士通ニフティ売却

1月にNECがBiglobeの株式を売却しましたが、ニフティ富士通の手を離れるようです。会員が大きく増える可能性は低い上にランニングコストが馬鹿にならず、モバイルにシフトする流れもあるので、ISPにとっては厳しい時代なのでしょう。大手だっただけに象徴的な出来事に思えますね。

 富士通が、インターネット接続サービス(プロバイダー)の子会社「ニフティ」を売却する手続きに入ったことが分かった。すでに国内の投資ファンドなどに打診を始めている。会員が減り業績が低迷する個人向けサービスから撤退し、企業向けのITシステム事業に力を入れていく。

富士通、ニフティを売却へ 会員減少で業績低迷:朝日新聞デジタル