読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

ネットで拾った話への雑感(2014/3/24) - ハイブリッドスマホ、格安データ通信、iTunes開放の可能性、Amazon Phone、Gmailのセキュリティ

IT その他

デュアルOSスマホの頓挫

つい先日ASUSのデュアルOSマシンが発売中止になった訳ですが、HuaweiのデュアルOSスマホも発売されない可能性が出てきました。MicrosoftGoogleの少なくとも一方が難色を示した、ということなのでしょうか。変わった利用方法がありそうだっただけに残念です。

 Huawei Technologies(ファーウェイ)の幹部は先週、ニュースサイトのTrusted Reviewsに対して、同社が「Android」と「Windows Phone」の両方を搭載するスマートフォンを2014年第2四半期に米国でリリースする予定であることを明かしていた。それから1週間を経て、Huaweiは、その計画に変更が生じたと述べた。同社はニュースサイトのFierceWirelessに宛てた声明の中で、現在はAndroidに注力しており、「現段階ではデュアルOSスマートフォンを近い将来に発売する計画はない」ことを明らかにした。

ファーウェイ、「Android」「Windows Phone」デュアルOSスマホは発売せず - CNET Japan

データ通信サービスの値下げ

OCNがモバイルデータ通信サービスを値下げするそうです。050 plusとセットでさらに安くなるあたり、OCNの武器を活かそうとしていることが伺えます。ヘビーユーザでなければ一考の価値ありでしょう。

 新しい月額料金は「50MB/日コース」が900円(税別、以下同)、「80MB/日コース」が1380円、「1GB/月コース」が1100円、「2GB/月コース」が1450円、「500kbpsコース」が1800円。適用となるのは4月1日からで、すでに利用しているユーザーは4月利用分から自動的に新料金になる。

「OCN モバイル ONE」が全面リニューアル――値下げと「050 plus」セット割でよりお得に - ITmedia PC USER

iTunes開放?

これは興味深い情報ですね。米国は日本よりも定額制音楽サービスが進んでいるという話を聞きますが、こういった噂が流れるということは、iTunesがそれだけ実際に打撃を受けているということなのかもしれません。音楽業界にさらなる変化が生じるのでしょうか。

Appleは、モバイルデバイス向けのデジタルコンテンツサービスでマルチプラットフォーム戦略を取っていませんが、同サイトの複数の情報元は、米国におけるiTunes Music Storeダウンロード販売数が2桁もの減少に陥っているとして、急速に普及しているAndroidのユーザーにiTunesを開放することで販売数の減少を改善しようと考えていると述べたそうです。

AppleがiTunesストアのAndroidへの開放とオンデマンド型ストリーミングサービスのローンチを検討しているとの報道 – ガジェット通信

Amazon Phoneがリリース?

Amazon製ハードウェアといえば、先日ストリーミングデバイスの噂を取り上げましたが、今度はスマホがリリースされる可能性が報じられています。

この情報が本当だとしたらAmazonの狙いは何なのでしょうか?薄利多売を基本とするAmazonですから、ハイエンド機を高価格で販売する、ということはないように思いますが、どうもその先がわかりません。

Amazon Phoneが3カ月から6カ月の間にリリースされると予想しているのはKGI Securitiesのアナリストで、Appleの新製品において極めて正確な分析・予想を出すことで定評のあるクオ・ミンチ氏。クオ氏は「Amazonが3カ月から6カ月以内に、KindleKindle Fire HDで採ったのと同様の戦略でスマートフォンを発売する」と予想しました。

Amazonのオリジナルスマートフォン「Amazon Phone」は前後6つのカメラを搭載予定 - GIGAZINE

Gmailが常時HTTPS接続に

GoogleGmailの接続方法を常時HTTPSとすると発表したようです。背景はやはりスノーデン氏による告発でしょう。これまでもデフォルトでHTTPSだったのであまり大きな影響はないのではないかと初めは思いましたが、データセンター間の通信も保護される、ということのようです。歓迎すべき改善ではないでしょうか。

 Googleによると、メールのチェックや送受信の際にユーザーとGmailサーバーとの間で行われる通信に加えて、Googleのデータセンター間での通信も安全になるとしている。これは、昨年夏に暴露された事実の後、Googleが最優先で取り組んできたことだという。

Gmail、HTTPS接続オンリーに -INTERNET Watch