読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

ネットで拾った話への雑感(2014/2/23) - Amazon製STBの噂、What'sApp買収、センサーの高度化など

IT その他

メッセンジャーアプリの競争激化か

先日楽天がViberを買収しましたが、今度はFacebookがWhat'sAppを買収のニュースが。Facebookにはすでにメッセンジャーアプリがありますが、What'sAppとの折り合いをどうつけていくのか、気になります。

だがワッツアップと同様のサービスはすでに各国にある。特にアジアでは、中国で「WeChat(ウィーチャット、微信)」、韓国で「カカオトーク(Kakao Talk)」、日本で「LINE(ライン)」が市場を独占。アナリストらによると、これらのサービスは提供する製品や戦略により、ワッツアップよりも高い収益を上げる潜在能力を持っている。証券大手CLSAは、中国のWeChatの企業価値を350億ドル(約3兆5000億円)、LINEの企業価値を140億ドル(約1兆4000億円)と評価している。

http://www.afpbb.com/articles/-/3009088

水道にもスマートメーター

震災があってから電力関係のニュースが増えたせいか、スマートメーターと聞くと電力メーターを真っ先に思い浮かべてしまうのですが、水道にもスマート化の流れが来ているのですね。こうしたセンサーのスマート化は世の中に大きな変化をもたらしそうなので、注目したいです。

センサスは、フランスの水道事業者に今後4年間、8,000台の水道スマートメーター「iPERL」を納入することが決まったと発表した。同社の水道スマートメーター「iPERL」がフランスで導入されるのは初めて。メーター検針時間の短縮、コスト削減のほかに、漏水検知能力の高さが評価された。

フランスの水道事業者、「水道スマートメーター」を初導入 検針コスト削減 | ニュース | 環境ビジネスオンライン

AmazonSTBを発売?

来ると言われつつ本格化していないように思われるテレビの再定義の波ですが、Amazonは普通のSTBを販売するつもりなのでしょうか?何か1つ仕掛けがあってもよさそうに思いますので、こちらも注目です。

そのAmazonのストリーミングボックスは、同社のデジタルメディアのコンテンツをテレビで視るための製品だ。まずAmazon Instant Videoのタイトルがあるし、合衆国のAmazon Primeの会員に無料で提供されるコンテンツもある。音楽のカタログも膨大だから、ひまだった(かもしれない)ホームシアター稼働率を上げるには恰好だ。

Amazonは全メディアコンテンツ、アプリ、ゲーム等をテレビやホームシアターに流し込むSTBを3月に発売? - TechCrunch

スマートフォンで3Dマッピング

これは革新的な技術ではないでしょうか。Google MAPやiBeacon、ロボット技術と連携したら、何かとてつもない事(私の想像力では上手く思い描けませんが)が実現できそうですね。

Project Tangoは、モーショントラッキング・カメラと深度センサーを搭載したスマートフォンを利用することで、周囲の環境や対象物をリアルタイムで3Dスキャン・マッピングできるようにするもの。収集されたデータは、ナビゲーションや没入型ゲームなど、さまざまな用途での活用が検討されているという。

グーグル、「Project Tango」を発表 - スマートフォンで3Dマッピング - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

50 Smartest Companies

AppleFacebookも入ってないんですね。Appleについては技術よりもマーケティングの上手さが突出している、ということでしょうか。何をもって「革新的」(原題は"smartest"のようですが)とするか、ということも考えさせられます。

MIT Technology Reviewによれば、このランキングが焦点を合わせているのは、いまどこで重要なイノベーションが起きているのかということだという。評判は重要視していないため、AppleFacebookといったおなじみの名前がリストから漏れたとしている(つまり、MIT Technology Reviewは、最近のAppleFacebookイノベーションを起こしていない企業と評しているということだ)。

MITが「世界で最も革新的な50社」を発表──Googleは3位、Apple圏外 | アプリオ