読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

一日分のツイートをまとめてEvernoteに取り込む方法

以前に触れました(Googleカスタム検索の設置に挑戦したけど・・・ - Blogging in A Dampish Dark Place)が、Twitterの投稿をEvernoteに保存しておきたい、ということで、運用方法が定まったので記事にしたいと思います。

ツイートを保存したい理由

昨日書いた通り、私の場合、Webで見つけた気になる記事は全てツイートされるようにしています。なのでツイートをEvernoteに保存しておくと、後から見返すのに便利だったりします。

ツイートされたURLを取り込んで記事本文を全てEvernoteに転送することも可能で、実際そうやって情報を蓄積している方も多くいるようですが、量が膨大になってしまい(個人的には)見返すのがきついんですね。

ということで、本文を記録しておきたいような記事は手動で取り込むこととして、それ以外はサマリーとしてツイート(タイトルとURL)だけノートに記録することとしました。

実現方法

iftttを使います。もう何度も紹介していますね。2つのレシピを用意します。

  1. 夜中12時にノートを作成
  2. ツイートをノートに追記

1番目はDate&Timeをトリガーにして、ActionをEvernoteの"Create a note"にします。タイトルはToday's Tweetsとかでいいでしょう。その他の部分は好きにカスタムできますが、私は本文にノート作成日時を入れています。今回採用した方法だとタイトルに日付を入れられないためです。

2番目はTwitterをトリガーにして、ActionをEvernoteの"Append to a note"にします。追記先のノートは1番目のレシピで作成した「Today's Tweets」とします。Appendなのでツイートされるたびに追記するという形になり、厳密には1日1冊のノートにまとめるのとはちょっと違う挙動となりますが、不便はないのでよしとしました。

このやり方のデメリットを上げるとすれば、ノートタイトルが毎回同じものになってしまうことでしょうか。出来れば日付を入れたいところですが、Appendするアクションでノートタイトルに"Create At"を含めると、ツイート時刻でノートが生成されてしまうので、1日分まとめることができなくなってしまいます。

## 2014.02.10追記 ##
もうひとつ注意事項を上げると、iftttは1時間に30ツイートまでしかAppendできません。上限を超えるとレシピが一時的に停止してしまいます。
####

Evernoteはノートの作成時刻と更新時刻を確認するのは比較的容易にできるので、それで我慢することしました。

ツイエバを採用しなかった理由

実はツイエバというサービスを使うと、簡単に同じことが実現できます。しかも、ノートタイトルに日付を含ませることが可能です。

Twieve - Twitter to Evernote and Email

ではなぜツイエバを使わなかったかというと、どういうわけか、全く同じ内容の一日にノートが2冊作成されてしまうからでした。調べてみる限り、同じ現象にぶつかっている人はいないようなので、かなりのレアケースなのでしょう。

毎日重複するノートを削除するのが面倒なので、ツイエバを使うことを諦めました。

最後に

今回のレシピですが、以下の記事を参考にしました。Foursquareの記録をまとめる方法として書かれたものですが、Foursquareの部分を他のサービスで読み替えれば、複数サービスのログを1つのノートにまとめるなんてことも可能になると思います。

【万能感】あらゆるライフログを「1日1ノートで」Evernoteに記録できる方法があった! | そふぁねブログ

広告を非表示にする