読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

ネットで拾った話への雑感(2014/1/30)

世界初、万能細胞の作製

iPS細胞以上の可能性を秘めているようで、今日イチのニュースではないでしょうか。世界的発見だと思います。新しい医療につながってほしいものです。

今回の万能細胞は「STAP(スタップ)細胞」(刺激惹起<じゃっき>性多能性獲得=Stimulus−Triggered Acquisition of Pluripotency=細胞)と名付けられた。細胞が刺激を受け、受精卵に近い状態に逆戻りする性質(初期化)があることを証明したのは初めて。

万能細胞:世界で初の作製 簡単、がん化せず 理研など - 毎日新聞

やっぱりお茶・水がベスト?

引用文はカロリーオフ飲料についての解説です。

私はブラックコーヒー、お茶、ミネラルウォーターを飲むことが圧倒的に多いので、ちょっと安心しました。(コーヒーはカフェインの関係で非健康的な面があるかもしれませんが。)

毎日摂るものなので、気をつけたいですね。

カロリーがなくても、カラダは甘いものを摂ったと勘違いをしてしまい、砂糖を摂ったときと同じように血糖値が上がり、脂肪を溜め込むホルモンが分泌され、血糖値が下がるとまた甘いものが欲しくなります。この繰り返しで、肥満になる訳です。

意外と飲みがちだけど危険!管理栄養士が絶対飲まないNGドリンク

NECBiglobe株式を譲渡

古くからある大手プロバイダという印象のBiglobeですが、NECが全株式を譲渡するようです。記事を読む限り、モバイルやクラウド、サービスを強化するようです。ソフトバンク的な企業を目指すということでしょうかね。

NEC日本産業パートナーズは1月30日、NECの子会社であるNECビッグローブの全株式を日本産業パートナーズが管理・運営する関連投資会社へ譲渡することで合意した。NECは3月末をめどに全株式の譲渡を完了し、4月からは新たな株主のもと事業運営が開始される。

NEC、3月末にビッグローブ全株を日本産業パートナーズ関連会社へ譲渡 - CNET Japan

Amazonが小売り決済に参入?

記事にあるとおり、超レッドオーシャンな気がしますが、Amazonは規模を武器にするのが上手い企業というイメージもありますし、一般消費者も触れる機会のある分野ですので、このジャンルがどのように変化・成長していくのか気になるところです。

 しかしAmazonは、PayPalやSquareといった企業によって既に競争が激化している分野に参入することになる。一方Appleも、PayPalといったサービスと競合する可能性のあるモバイル決済機能に取り組んでいると言われている。

 Amazonは2013年、決済事業を運営するGoPagoを買収し、競争の激しい決済市場へと足を既に踏み入れている。なおこの買収により、AmazonPayPalやSquareと真っ向から対決するつもりではないかとの声が高まっていた。

アマゾン、「Kindle」利用の支払いシステムを計画か--中小規模の小売店向け - CNET Japan

Googleモトローラレノボに売却

レノボといえば、ついこの間、IBMからx86サーバ事業を買いましたね。どんどん手を広げていこうということでしょうか。

一方Googleですが、もともとモトローラ買収は特許目的という見方がありましたので、特許を確保したら売却してしまうというのも頷けますね。Android開発をしつつ自社で端末を売るというのも具合が悪そうでしたし。

米インターネット検索大手グーグルは、同社の携帯電話事業を中国パソコン大手、聯想集団(レノボグループ)に売却することで合意した。

 グーグルは同事業のパテント・ポートフォリオの大部分を引き続き保有する。

レノボ、グーグルの携帯電話事業を30億ドルで買収 - WSJ.com

IT史がわかる本?

青空文庫の「パソコン創世記」に挫折した身*1としては、ITの歴史がまとめられた本というのは興味を惹かれます。
Kindle対応しているみたいだし、買ってみようかな。

ITジャーナリスト・林信行氏と、GoogleやNTT等、様々なIT企業を渡り歩いてきた尾原和啓氏が、インターネットビジネスの”本質”について語り合う。これまでバーチャル世界に閉じていたITビジネスが次に向かう先は、リアル世界にあった。IT×リアルが生み出す、次世代のビジネスとは?

次世代ITビジネスのヒントは「リアル世界の最適化」にあり – 林信行氏×尾原和啓氏 対談 | ログミー[o_O]

*1:内容は面白かったのですが、ボリュームが大きくて読み切れませんでした

広告を非表示にする