読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

ネットで拾った話への雑感(2014/1/24)

レシートの電子化

ペーパーレス化はどんどん進めればいいと思います。
領収書代わりになったりするんすかね?それから、蓄積されたデータがどこに行くのかも気になります。Money Forward的なサービスに転送できたら便利そうです。

NFC決済機能がデファクトスタンダードになるかはまだ読めませんが、決済機能と連携するようになっても面白いかもしれません。

電子レシートは、スーパーなどに会員登録した客が専用のアプリをスマートフォンにダウンロードしたうえで、会員証をレジにかざすと店で購入した商品の記録がスマートフォンに送られる仕組みです。

スマホで「電子レシート」 実証試験始まる NHKニュース

Apple TVがアップデートされる?

公式発表ではないようですが、2014年前半でのソフトウェアアップデートが噂されているようです。私も購入はしたものの、時折思い出したように使うだけなので、こういうソフトウェアアップデートは古めのデバイスの活躍の機会を増やしてくれそうで嬉しいですね。

さらに、iLoungeによる米国時間1月23日の報道によると、Apple TVにおけるゲームのサポートがアップデートされ、iOSデバイスを経由しなくても、同STBにゲームを直接ダウンロードできるようになる予定だという。

 いずれの記事も、こうしたソフトウェアの刷新が、今後のソフトウェアアップデートを通して現行世代のApple TVでも利用できるようになる可能性があることを示唆している。

「Apple TV」の新バージョン、2014年前半に発売か - CNET Japan

IBMx86サーバ事業をLenovoに売却

こちらは正式発表。いわゆる「オープン系」*1のHW事業は売却していく方針なんでしょうか。サービス分野に注力していくとなると、メインフレームの扱いはどうなるのでしょうか。分離しにくそうですが。

IBMは、x86サーバ事業を中国Lenovo(聯想集団)に売却すると発表した(IBMプレスリリース、Lenovoプレスリリース、クラウドWatch、ITmediaWSJ)。売却金額は23億ドル。そのうち21億ドルは現金で、残りは株式で支払う。

IBM x86サーバ事業をLenovoに売却。売却金額は23億ドル | スラッシュドット・ジャパン

iOS版iWorksの刷新

epub書き出し機能が強化された以外には何が新しいのか、Mac歴が浅くiWorksに触れたことすら無い私にはよく分からないのですが、刷新されたと聞くと試してみたくなるのは不思議なものです。iWorksで作った文書をiBooksで読む、なんて場面が当たり前になる日が来るのでしょうか。

Pagesの最新版では、ePubの書き出し機能、Microsoft Word 2013の互換性を強化した。新機能として、パスワード保護された書類のDOCXフォーマットでの書き出しが可能になった。

Keynoteの最新版では、Microsoft PowerPoint 2013との互換性を強化した。新機能として、発表ディスプレイのオプションを強化した。

Numbersの最新版では、Microsoft Excel 2013との互換性を強化した。新機能として、スプレッドシートが横向きで表示・編集可能になった。

Apple、iOS版iWorkアプリを刷新 - Microsoft Officeとの互換性を強化 - ライブドアニュース

オープンソースと"Don't be evil"

この記事を読んでGoogleのスローガン「Don't be evil*2を思い出しました。オープンソースをうたいつつ、ちょっとずるい(理念に反した)ことをしているのではないか、と。もっとも、GigazineはGuardian記事を紹介しているだけで、おおもとのGuardian記事を読んでみないとなんとも言えない面*3もありますが。
オープンソースに理解の深い方々のコメントを聞きたいところです。

余談ですが、端末が多く売れるほど薄く広く儲かるような仕組みを維持する、というのはGoogleの一貫した姿勢のように思います。

Google PlayやMapsなどGoogleの公式アプリをデバイスに実装するには、デバイスの製造メーカーが「Google Mobile Services(GMS)」と呼ばれるライセンスを取得しなければいけません。製造メーカーはデバイス毎にGMSライセンスを購入する必要があり、The Guardianが入手した情報によると、GMSライセンスはタブレット10万台につき7万5000ドル(約770万円)かかり、1台に換算すると約75セント(約77円)になります。

GoogleがオープンソースのAndroidから利益を生み出すカラクリとは? - GIGAZINE

*1:Wikipediaによると日本だけの用法のようですが。

*2:こんな記事もあるので、現在どれだけ重視されているかは分かりませんが。

*3:英文を読む気力がありませんでした・・・

広告を非表示にする