Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

Gmailで「Inbox Zero」を実践してみた話

ツールごとに「Inbox Zero」実践の体験談を書いたら需要があるかもしれない、と思い立ったので取りあえず一番親和性の高いGmailを使った場合をまとめてみたいと思います。

過去の記事はこちら。

メール処理術「Inbox Zero」の実現方法について - Blogging in A Dampish Dark Place
「Inbox Zero」のそもそもの話 - Blogging in A Dampish Dark Place

Gmailは「Inbox Zero」向き

知っている人には当たり前の話かもしれませんが、GmailのUIはとてもInbox Zero向きです。それ用に設計したんじゃないかと思うくらいです。とても簡単に実践できるので、まず試すには丁度いいツールでしょう。

Gmailはラベル付けが簡単

Gmailには強力なラベル機能があります。あとで返信するメールに「Respond」、転送するメールに「Forward」、タスクが終わってから返信するメールに「Action」、返信待ちのメールに「WaitFor」とラベルをつけます。「Inbox Zero」といった名前の親ラベルの下にネストさせれば、他の普通のラベルと混在することもありません。

全てのメールを「Inbox」で受ける

Gmailは受信メールも送信メールも「受信トレイ」に保存しますが、これもInbox Zero向きです。全てのメールを1つの受信箱、つまりInboxで管理することができるからです。*1

また、2つ目の記事の中で、返信待ちのメールを受信箱に残すという方法(Inbox Zeroのテクニックではありません)を紹介しましたが、Gmailの場合はその必要も無いかもしれません。ラベルにアクセスするのが非常に簡単で確認の手間が小さいからです。

処理を決めたら全てアーカイブ

メールを読んでアクションを決めたら、さくさくアーカイブしていきます。Gmailの場合そのまま「アーカイブ」という名前の機能があるので、それを使います。アーカイブされたメールは「すべてのメール」でいつでも確認できます。めったに無いと思いますが、アクションを決めかねるメールは受信箱に残しておくほうがよいでしょう。


目指すべきはシンプルに、受信トレイを空にすること、です。その後に「Respond」「Forward」を順次処理していき、「Action」から生まれたタスクはToDoリストで管理すれば、メールに煩わされることはグッと減ることでしょう。

お試しあれ。

*1:Gmailもいつの頃からか受信トレイが「メイン」「ソーシャル」「プロモーション」の3つに分かれるようになりましたが、「ソーシャル」「プロモーション」に返信することは少ないと思われますので、割愛しました。

広告を非表示にする