Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

メール処理術「Inbox Zero」の実現方法について

皆さん、一日に何通のメールを処理するでしょうか?

SNSが普及し、相対的に比重が軽くなったとはいえ、未だ重要なコミュケーション手段なのではないでしょうか。

そんなメールですが、一日に何通も受信するような場合、管理が大変ですよね。新着をチェックしたり過去のメールを探したりと、結構な手間と時間を取られます。さらに、メールが整理できていないと、頭の中までごちゃごちゃしてきます。

タイトルにもあるInbox Zeroとは、そんなメール管理の手間を減らし、頭をクリアに保つための方法論です。

どんな方法論なのかは以下の記事に詳しいです。考え方の基本がきれいに解説されています。(自分で解説するのを諦めるくらい、しっかりとまとめられています。)

メールのための GTD、「Inbox Zero」の実践 | Lifehacking.jp

/*2014-01-19 追記。 思い直して自分で解説をしました->「Inbox Zero」のそもそもの話 - Blogging in A Dampish Dark Place */

オススメする理由

Inbox Zero自体は方法論なので、特定のツールに依存しません。

私自身、(主に職場で)メール環境がころころと変わるなか、何年もInbox Zeroを実践しています。つまり、工夫次第で色々な環境で実現できる、多くの人にお勧めできる方法と言えます。

各ツールごとの親和性

しかし、この「工夫」が場合によっては意外と面倒なんですよね。ツールに依存しないと言いましたが、親和性はそれぞれ違います。Webメールが使えるなら、Gmailが最強でしょう。メールクライアントで言えば、OutlookよりThunderbirdの方が向いていますし、意外とOperaでも実現しやすいです。

といわけで、体験談としてツール/環境ごとの実践例というのは、需要があるんではないかと思った次第です。

この記事のアクセス数が高ければ、実践例を個別に記事化するかもしれません。

ではでは。

広告を非表示にする