読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

はてなブログの新着記事をTwitter経由で自動的にはてなブックマークに登録する方法

昨日触れました(ソーシャルブックマークのそもそもの話 - Blogging in A Dampish Dark Place)が、はてなブックマークはてブ)の動作がしっくり来なかったので、ちょっと手を入れました。

具体的には、(記事タイトルの通りですが)このブログを更新したときに、その記事が自動的に自分のはてブに登録されるようにしました。


ちょっとググってみた限りでは見つからなかったんですが、これが上手く行かなくて困っている人って他にいないんでしょうかね。はてなのサイトにはこんな説明もあったんですけど、ちょっと事象が違うようですし。

2013年より、はてなブックマークの一部のユーザー様のアカウントにおいて、「Twitterからブックマークを追加する」機能を設定画面から有効にしても動作しない不具合がありました。

原因は、本機能を有効にしているユーザー数の増加に伴って発生したアプリケーションの不具合で、2014年1月7日 19:30頃に修正済みです。

【修正済み】一部のユーザー様にて、はてなブックマークの「Twitterからブックマークを追加する」機能が動作しない不具合がありました - はてなブックマーク開発ブログ

他にいないなら自分が人柱になろう、という精神で記録を残しておきたいと思います。

予備知識:はてなTwitter連携機能

はてなにはTwitter連携機能があって、私は以下2つを使っています。

  1. はてなブログTwitter共有機能
  2. はてなブックマークTwitter連携機能

1番目はシンプルな機能で、ブログ記事を公開するときに「シェアする」を押したら、登録しておいたアカウントからその旨通知するツイートが発信されるというものです。

2番目は、さらに大きく2つに分けることが出来ます。

  1. ブックマークを追加した時にTwitterに通知する。
  2. ツイートに含まれるURLをブックマークとして取り込む。

私は2の方を使っています。PocketやFeedlyでピックアップした情報を全てツイッターに流すようにしているので、気になった情報をはてブ上に集めることができる訳です。

ちなみに設定画面はこんなです。

f:id:consumera:20140113190942p:plain

Evernoteに全て転送しているとノートの数が膨大になってしまうことから考えだした方法です。この方式自体を改めることも検討しているのですが、それはまた別の記事にしたいと思います。)

しっくり来なかった点

「ブログを更新したら即座にTwitterでシェアする」と「ツイートのURLを自動でブックマークする」の合わせ技で、自分の記事もはてブに登録される!!

かと思っていたんですが。

他のサイトは登録されていくのに、自分の記事だけ登録されないんですよね。

対策

はてなブログTwitter共有機能を使うのを止めて、IFTTTで自動ツイートされるようにしました。rssの更新をトリガーにして、URLを自動ツイートさせます。この方法ではてブに記事が登録されるようになりました。

この方法だと、ツイートされる文章を色々編集できるというオマケが付いてきます。今のところ、エントリのタイトル、Feedタイトル、URLを含ませたごくシンプルな文章にしていますが、工夫次第ではもっと色んなことができるかもしれません。

もちろんデメリットもあって、

  • Twitterに流れるまで多少のタイムラグがある。
  • 外部サービス(IFTTT)を使わないといけない。

などという点が気になるひとにはお勧めできませんが、IFTTTは色んなことが出来るので、この際登録することを検討してみてもいいかもれません。

原因はなんだったんだろう?

はてなブログとIFTTTとでツイートにどんな違いがあったんだろうと考えてみた時に、短縮URLが違うんですよね。はてなはhtn.toでIFTTTはift.tt。もしかして、はてブはhtn.toを取り込まないんではないかと。

「ブックマークを追加した時にTwitterに通知する」機能がhtn.toを使うはずなので、URL取り込み機能と併用すると、無限ループになる可能性がある訳で、それを抑制するためにhtn.toを取り込まない仕様にしているのではないか、と。

などと考えたのですが、とりあえず、今回は理想の動作を実現したので一旦区切りたいと思います。

余裕があれば原因究明をするかもしれません。

ではでは。