Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

百舌谷さん逆上する(10巻)

百舌谷さん逆上する(10)<完> (アフタヌーンKC)

百舌谷さん逆上する(10)<完> (アフタヌーンKC)

ついに完結。
コメディノリかと思えば急に深刻になったり、その逆もあったり、一筋縄ではいかない混沌とした作風は、どういう発想から生み出されるのでしょう?

この作者の作品は、本作に限らず、ストーリー、断片的なモノローグや台詞、挿入される回想シーンなどなど、全体が読み手を振り回す作りになっているように思います。

一気に読まないと作品の全体像がつかめないというのは、連載という形態ではデメリットにもなりうると思うのですが、
作者の性分なんでしょうか。

打ち切りではないということは、ラストまで計画的に(当然、連載途中で構想に変更が生ずることもあるでしょうが)描かれたということになる訳で、作者が何を狙っているのか知りたいところです。

次の作品がどんなものになるのか気になります。

広告を非表示にする