読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

リフレは正しい

アベノミクスに批判的な「リフレはヤバい」を読んだ(リフレはヤバい - Blogging in A Dampish Dark Place(under construction))ので、正反対の主張をしているであろう本書を読みました。

それぞれ主張が真っ向から対立している(「リフレは正しい」が日銀を批判するのに対して、「リフレはヤバい」は日銀を擁護していたり。)ので、論点の整理には役立ちますね。

本書は「他国ではインフレターゲットを設定することで日本より上手くいっている」という点が解説されていて、「リフレはヤバい」には無い結果論があります。

一方、「リフレはヤバい」の方が、
・典型的なリフレ派の主張に反論する、という形をとっている
・専門用語を抑えている
という点で読みやすさは勝っています。

とはいえ、どちらが正しいかよく分からない、というのが2冊読んでみての正直な感想です。
インフレターゲットを設定することで雇用・賃金が改善できるのかどうか、国内需要がのびるかどうか、国債が暴落しないか、世の動きを注視していくしかなさそうです。

広告を非表示にする