読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogging in A Dampish Dark Place

I am a consumer. As yet I have no name. I’ve no idea where I was born. All I remember is that I was blogging in a dampish dark place.

なんとなくまとめ読み。逆境ナイン(全6巻)

逆境ナイン(1) (サンデーGXコミックス)

逆境ナイン(1) (サンデーGXコミックス)

逆境ナイン(2) (サンデーGXコミックス)

逆境ナイン(2) (サンデーGXコミックス)

逆境ナイン(3) (サンデーGXコミックス)

逆境ナイン(3) (サンデーGXコミックス)

逆境ナイン(4) (サンデーGXコミックス)

逆境ナイン(4) (サンデーGXコミックス)

逆境ナイン(5) (サンデーGXコミックス)

逆境ナイン(5) (サンデーGXコミックス)

逆境ナイン(6) (サンデーGXコミックス)

逆境ナイン(6) (サンデーGXコミックス)

スポ根ものでは、登場人物の根性描写もお話の盛り上げ要素なんだと思う。
根性は情熱の現れでもあるからだ。

しかし、逆境に陥った際に、気合いと根性だけで立ち向かうのは、現実にはあまり良い結果にはならない。このギャップがともすると読者を冷めさせてしまう。スポ根が本質的に抱える弱点だろう。

本作品はそんなことも気にせず、ひたすらに主人公達が「熱さ」で状況を打破していく。主人公とその仲間達がとにかく突き抜けて熱く、全員がボケ役だ。その結果、作品全体がコメディ化している。
このご都合主義をどうぞ笑ってください、と。

主人公がちょっとした誘惑にすぐ惑わされてしまう(その惑い方も大げさ!!)のも微笑ましい。

明るく笑えて、熱いのも悪くないなと思わせてくれる、そんな作品。

広告を非表示にする